中卒者の履歴書と見た目

中卒でありながらお仕事を探すのは生半可なことではありません。
とりわけ学歴にこだわり過ぎて、なかなか履歴書もうまく書けないという人も少なくありません。
学歴でのハンディキャップを抱えながらの就職活動や仕事探しは、とかく学歴ばかりを気にしすぎてしまいますが、大事なことはそこではないのです。

たとえば履歴書というのは、文書でもってその人の多くの情報を提供することができるものです。
学歴に大きなハンディがある人こそ、この履歴書の書き方が重要になってくるものです。
中卒の人が履歴書で伝えるべきことは学歴ではないのです。
というのも、たとえば人がまず見た目でもって判断されるように、履歴書にも見た目というものがあるのです。
丁寧で美しい文字や汚れやしわのない用紙など、履歴書ではまずそういうところが見られるものなのです。
その上で、学歴などの身分や志望動機などの内面へと目が移っていくというわけです。
第一印象でほとんどの印象が決まってしまうように、履歴書も第一印象が学歴や志望動機などにも後を引くのです。
もちろん、履歴書でいちばん重要なのは最後の内面です。
中卒者の履歴書の場合、その内面に至る前に落とされてしまうことも少なくありませんが、だからこそ第一印象で良い印象を勝ち取っておく必要があるわけです。
学歴とは関係ないところで高い評価を手に入れるためには、見た目と内容の両方を備えておくということが大事であるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です